行事のオリジナル作品

「鬼マスク」節分の立体切り紙2019

鬼のお面、「鬼マスク」です。

いつもは飾ることをメインに考えて作っていた、節分のお面ですが、今年は実際に顔に装着することを考えて、作ってみました。

目(メガネ)を中心に、鼻、眉、髪、角、の5つのパーツを組み合わせて、お好みの鬼を作ることができます。

上の5点は、受講生の皆さんの作品たちです。眉の向きを変えてみたり、鼻や角を前に出すか後ろにするかなど、ちょっとした変化で、色んなアレンジが生まれます。

装着イメージです。組み立てるときに、紙と紙をずらしたり、少し丸みをつけながら、部分的に留めるようにすることで、立体感を出すのが、ポイントです。

それでは、「鬼は〜外!福は〜内!」

季節のオリジナル作品

だるまの立体切り絵

新年、明けましておめでとうございます。

本年も、「紙で作ろう!」を、どうぞよろしくお願いいたします。

2019年、最初の作品は、だるまさん。色ごとに紙を切り抜き、その紙を立体的に巻きながら、重ねました。

こちらは、青い色が特徴的な、仙台の「松川だるま」です。子どもの頃から、だるまと言えば、この青いだるまの印象が強いのですが、青いだるまが仙台ならではということは、大人になって知りました。

こちらの作品は、本日、河北TBCカルチャーセンターの新聞広告内(1/5河北新報22面)に掲載していただきました!お正月らしさを添えられたでしょうか??

大きく掲載していただき、ありがとうございました。

「紙で作ろう!大人の工作アート」講座では、紙を使った、”遊び心”と”ひとひねり”ある、作品を制作していただいています。

暮らしが楽しくなるような、作品作りのひとときを味わっていただけるよう、工夫を凝らしたオリジナル作品を、わかりやすくご用意しています。

2019年1月期の講座の詳細は、こちらの記事をご覧ください。→【2019年1月期 講座のご案内】

まずは、見学や無料体験から、お待ちしております。河北TBCカルチャーセンターまで、お問い合わせ・お申し込みください。

 

年明けすぐに、広告掲載という場をいただくことができ、ますます、新しい作品作りへの挑戦、そして講座やワークショップ活動など、やる気に満ちあふれておりました!

今年も、たくさんの出会いを楽しみにしております!!

 

★参加中です!!


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ